ニジエスマートフォン版

チンポップボード

パズル&ドラゴンズ(ぱずるあんどどらごんず)とは | ニジエのエロ用語辞書『大性典』

  • 記事閲覧数 : 519 回
イシスさん

パズル&ドラゴンズ

ぱずるあんどどらごんず

ガンホーにて配信中のスマートフォン向けパズルRPGゲーム。

「パズル&ドラゴンズ」のイラストを見る

概要


iOS版は2012年2月20日、Android版は同年9月18日配信開始。
App StoreおよびGoogle Playのトップセールスで常に1位を独占し、一時期スマホゲーム最盛期を象徴するゲームとなった。
2022年2月20日に10周年を迎え、数あるゲームの中で最も長寿にして最古参のゲームとなっている。

ゲームシステム


まずはプレイヤーがチーム編成するところから始まる。
チームはリーダー1体+サブ4体のモンスターで構成され、それぞれ異なるリーダースキルとスキルを持っている。
モンスターの様々な組み合わせを吟味するカードゲーム要素も含まれており、ゲームを優位に進めるために欠かせない要素である。

チームを編成し終わったら、冒険者もしくはフレンドから助っ人モンスターを1体選び、ダンジョンに先入。
パズルパートは5×6(一部例外あり)の盤上の上にある、5属性(火、水、木、光、闇)+回復のドロップを操作し、これを3つ揃えて消すと対応したモンスターが攻撃を行う。
これで立ちはだかる敵モンスターを撃破していき、ダンジョン最奥に構えるボスを倒すとステージクリアとなる。

他にも敵モンスターがスキルを使ってくる『テクニカルモード』に、ステータスの底上げや特殊な消し方で効力を発揮する『覚醒スキル』、装備品をつけられる『アシスト』などが存在する。

主なモンスター


初代回復タイプ


ナーガ/エキドナ
火属性回復タイプのモンスター。
彼女の持つスキル『威嚇』は敵モンスターの行動を3ターン遅らせることができ、いざという時のピンチの打開と時間稼ぎに役立つ。
その癖の無く使いやすい性能から大抵のパーティに組み込むことができ、最初期からビギナーからベテランまで多くのプレイヤーを牽引してきた。

元ネタのギリシャ神話宜しく、上半身が女性で下半身がヘビ。
ナーガの時点から露出度の高い服装を着ており、エキドナにいたっては胸部をほとんどさらけ出している。
クセのない性能はもとより、人外特有の妖しい魅力と立ち絵の表情から感じさせる人付き合いの良さから人気が高いモンスターである。

また、ガチャフェス限でより強い個体が存在する。

マーメイド/セイレーン
水属性回復タイプモンスター。
彼女の持つ『防御態勢・水』は火ドロップを回復ドロップに変換する。
さらに『攻撃態勢』スキルで回復ドロップを任意の属性に変換することで一転して攻撃手段にもなり、一時期ヴァンパイアロードを筆頭とするパーティーに引っ張りだこであった。

最近では後述するサキュバスとデュエットを組み始めた。

ドリアード/アルラウネ
木属性回復タイプのモンスター。
花を咲き誇らせた妖精のような少女と、外見こそは可愛らしいが、性能は今一つ。
自分の回復力×10倍でHPを回復するスキルは、当時最短10ターンとスキルターンが長く、使い勝手が悪かった。

キューピッド/エンジェル
光属性回復タイプモンスター。

一見清楚な雰囲気に(エンジェルは可愛らしく)見えるが、『天空の使徒エンジェル』に進化させると胸部を中心に露出度が上がり、腹の部分まで切れ込みの入った挑発的な服装を身に付け出す。
なお、『天上界の使徒エンジェル』に究極進化させるとメガネが付属される模様。

サキュバス/リリス
闇属性回復タイプモンスター。
スキル『毒の霧』は相手に毎ターン固定ダメージを与える状態(毒状態)にし、低体力高防御のメタルドラゴンを問答無用で撃沈させる。

そして何より、『常闇の魔女リリス』に進化させた時のエロス。
ビキニアーマーの下にはボンテージめいたインナーを纏い、多くのプレイヤーの獣欲を掻き立てたことだろう。
他にも究極進化が二つほど分岐されており、『漆黒夜の魔姫リリス』の上品な色香、『月光牙の魔女』のさらに極振りしたエロスと、夜の女の魅力を遺憾なく発揮している。

最近では前述するマーメイドとデュエットを組み始めた。

ワルキューレ/ヴァルキリー
光属性回復タイプモンスター。
純白のドレス風の服を身に纏い、剣と盾で武装した銀髪の乙女の姿をしており、その美しさから一時期多大な人気を博した。
無論、エロイラストや同人の題材として白羽の矢が立ったことが何度かある。

当時最短5ターンで回復ドロップを光に変えるスキルを持っており、ここぞという時のアタッカーとして重宝されていた。

ローマ神/ギリシャ神


ミネルヴァ

ヴィーナス

アルテミス

ペルセポネ
闇属性神タイプモンスター。
ギリシャ神話の逸話が反映されており、属性を同じくするハーデスが彼女の立ち絵に現れる場合もあり、その逆も然りである。

和神


アマテラス

ツクヨミ
闇属性神タイプのモンスター。

外見は甲冑と刀で武装した、和装の紫髪の少女であり、髪飾りに満月を象った装飾品が施されている。
しかし、元ネタは性別が明記されておらず、ハッキリ言いきれないところがある。
担当イラストレーターによると、究極進化で分岐する『夜刻武神』は男性的、『夜想詠神』は女性的に描かれているとのこと。

アメノウズメ

クシナダヒメ

北欧神


フレイヤ
木属性神タイプモンスター。
北欧神共通の特徴として、自身の属性に対応したエンハンススキルを持っており、一定ターンの間攻撃力を上げることができる。

イズン&イズーナ
水属性神タイプモンスター。
元ネタは北欧神話の『イドゥン』だが、どういうわけか双子の姉妹であり、青髪ツインテールの方がイズン、金髪ポニーテールがイズーナらしい。

エジプト神


バステト
木属性神タイプモンスター。
褐色猫耳のロリっ娘。

イシス

ヌト

ハトホル

インド神話


ラクシュミー

パールヴァティ

サラスヴァティ

ドゥルガー
闇属性神タイプモンスター。

四神


レイラン

カリン

メイメイ

サクヤ

ハク
闇属性神タイプモンスター。
白虎モチーフの白髪ロリであり、鉤爪を武器にする。
ジト目がかわいらしい。
究極進化で分岐させるとピチピチのボディースーツ、へそ出しルックの衣装と衣替えしてくれる。
近年のインフレで一線を退いてもなお、キャラ的には未だ高い人気と支持を保ち続けている。

天使
ロズエル

ファミエル

リュエル

アリエル

ルミエル

降臨


ヘラ
闇属性神タイプモンスター。
ダンジョン『ヘラ降臨!』にて初登場し、数々のローマ神と友に冒険者を待ち受けた。

豊満な巨乳、肉厚な太ももといった素晴らしい肢体の持ち主であり、青肌が妖しい魅力を醸し出している。
属性、タイプ別に様々なバリエーションが存在しており、水属性の『ヘラ・イース』はクール系お姉さま、火属性の『ヘラ・ウルズ』はアゲアゲ系ギャルと、見る者を飽きさせない。

そして、ガチャフェス限の個体はアニメーションで動き、よく観察すると乳揺れを確認できる。

アテナ
光属性神タイプモンスター。
ダンジョン『アテナ降臨』で登場し、冒険者の体力を回復させて真っ向勝負を挑んできた。
敵からの回復ギミックが実装されたのはこれが初めてである。

甲冑を身に纏い、槍と盾で武装した緑髪の美女。
他にも属性違いの別キャラが4体ほど存在し、闇堕ちしたりメカ娘になったりしている。

ソティス
光属性神タイプモンスター。
『トト&ソティス降臨!』にて初登場したが、「そぉいっ!」や「えぇいっ!」の掛け声と共に回復ドロップを生成し、プレイヤー有利の状況を作り出す戦犯プレイをかましていた。

しかし、『スフィンクス降臨!』にて単体で再び登場した際、一連の行動をバカにされてキレたのか、当時最悪のギミックである『ダメージ吸収』を初めて引っ提げてきた。
吸収無効を持たなかったり、調整中に落ちコンでダメージ計算が狂ったりなどして、3ターンで突破できなかった者をことごとく葬ってきた。サヨナラー
高難易度ダンジョンである『極限の闘技場』にもランダムで出現しては、高火力持ちのパーティを粉砕してきたのもあり、多くのプレイヤーから蛞蝓か蛇の如く嫌われた。
そのせいかエロ二次創作において陵辱のネタに抜擢されることもあり、多くの冒険者にその褐色の肌を白濁に汚されたとか、いないとか。

ミル
光属性ドラゴン・神タイプモンスター。
時空を操る力を持っており、自らの肉体年齢を自在に変化させることができる。

フェス限


ソニア
火・闇属性ドラゴンタイプモンスター。

カーリー

ミル

コットン

メノア
木属性マシンタイプモンスター。
ウインドブレーカーめいた厚手のコートの下に、ビキニのようなインナーとフロントオープンのスカートを着ており、露出度が高い。
進化すると使役するマシンと共に、本人も表情とカラーリング、ポージングを変える。

フェス限ヒロイン


イルミナ

ロミア

バーバラ

ジュリ

その他


フェルル

メニット

イデアル

セイナ

マリエル

関連タグ


ゲーム

ニジエで投稿されたイラスト「パズル&ドラゴンズ」を見る